機能訓練指導員転職エージェントランキング

機能訓練指導員で転職をお考えの方へ

機能訓練指導員は高齢化社会を迎える日本にとっては今後ニーズの高まる職業と言われています。キャリアアップをお考えなら転職も視野に入れて考えてみるのも有益といえるでしょう。

数ある介護系転職エージェントの中でも人気が高いのがかいご畑です。日本全国にネットワークを持っていますので地域別に求人を探すこともできますし、もちろん希望条件に沿って転職先を探すこともできます。専任のアドバイザーが親身になってサポートしてくれるのも頼もしいですね。

機能訓練指導員の転職エージェント人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
かいご畑 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
かいご畑は厚生労働大臣認可の転職エージェントであり、一人一人に専任のコーディネーターが付いて、機能訓練指導員での転職を目指す方のサポートをしてくれます。また、会員になると非公開の求人も含め、あなたに適した職場を探して紹介してもらえます。未経験可という職場も多く、全国各地の求人を扱っているので見つけやすいと言えます。

クリックジョブ介護 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
クリックジョブ介護は、あなたの希望の勤務地や勤務時間などからおすすめの機能訓練指導員求人を紹介してもらえるので、効率よく転職活動が進められます。更に実際の職場の雰囲気などを詳しく知ることができる点が他の転職エージェントとは異なります。転職時の履歴書作成方法や面接の仕方などのレクチャーも受けられる上に、1件面接に行くと交通費が一定額支給してもらえるありがたいサービスも魅力です。会員登録は無料でいつでも始められます。

ベネッセの介護士お仕事サポート 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
専任コンサルタントが転職活動を全面的にバックアップしてくれる、人気の機能訓練指導員の転職エージェントが、ベネッセの介護士お仕事サポートです。希望に沿った機能訓練指導員の転職先を紹介してくれたり、相談にのってもらえます。面接も事前対策から当日サポートまでをしっかり行い、条件や入社日の調整まで行ってくれます。また、定期的に開催している参加費無料の転職に役立つセミナーに参加できます。各地で登録会も随時開催しており、条件が合えばその場で求人も紹介してもらえて効率的です。

介護エイド 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
介護エイドは、特に機能訓練指導員として転職を考えるきっかけとなる、人間関係に悩まない転職に特化したサイトです。独自のルートで機能訓練指導員の求人先の情報収集をしっかり行い、いじめやパワハラなどのない気持ちよく働ける転職先を厳選しています。きちんと希望条件のヒアリングを行い、あなたの能力や性格に合った職場を紹介してもらえます。また、入社前に職場見学が行えたり、内定、就労後も相談にのってもらえるなどフォロー体制も整っています。

MC介護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
専任のメディカルコンシェルジュが付き、希望に沿った機能訓練指導員の職場探しから紹介、必要書類の記載や面接のサポート、終業後のフォローまでをしっかり行ってくれるので安心して転職活動ができる転職エージェントが、MC介護のお仕事です。直接、機能訓練指導員の転職先との雇用契約を結ぶこともできますが、MC介護のお仕事と派遣契約を結ぶこともできます。更に派遣として一定期間就業後、双方合意の上で転職先と雇用契約を結ぶ紹介予定派遣というシステムもあり、実際に就業した上で転職するかを決めることができます。

機能訓練指導員の求人事情は?

機能訓練指導員は、今後活躍が期待されている職業の一つです。なぜかというと、機能訓練指導員が働く場所は主に特別養護老人ホームやデイサービスなどの施設になります。こうした福祉施設は少子高齢化社会を迎えている日本にとっては、これからどんどん需要が増えて行くことになります。現在でも人手不足に頭を抱えている施設が多いですが、今度利用者がどんどん増えてくれば、さらに働き手が必要となってきます。そこで、機能訓練指導員の需要も増えてくるのです。

機能訓練指導員の求人については、現在はインターネットにある求人サイトなどで主に情報が掲載されています。機能訓練指導員の雇用形態は正社員から契約社員、パートなど様々な形での募集がされています。また、機能訓練指導員の仕事は職種によって異なっており、理学療法士から看護師、マッサージ師など多岐にわたりますので職種にとっても求人内容や待遇は異なるものです。そのため、機能訓練指導員として働くにはその職場でどのような立場の機能訓練指導員が求められているかを把握する必要があります。

機能訓練指導員の中途採用については、即戦力として求められる場合が多くなっていて、戸惑う方も多いでしょう。学校などで学んできたことが通用しないケースも多く、臨機応変に対応することが必要です。また、職場によって勝手が違ったりもしますので、その場その場に適用して仕事をこなしていくことが重要です。特に小規模な施設で働く場合は、慢性的な人手不足が予想されますので、面接の際にどういった業務を任されるのかを確認しておきましょう。こうした人手不足の職場で働くことになると、本来の自分の業務以外にもいろいろと任されてしまい、思っていたのと違うということにもなりかねません。

しかし、そうしたさまざまな仕事を通して、利用者とのコミニュケーションを図ることができるのも機能訓練指導員の仕事の特徴ですから、ある程度は本来の業務から外れた仕事内容であっても受け入れることが必要かもしれません。余りにも自分の業務以外の仕事に偏りすぎてしまうのはよくありませんので、バランスを保てる範囲に止め、それが無理な場合には職場の同僚や上司に相談するなどして解決を図りましょう。機能訓練指導員としてのスキルを伸ばし、やりがいを見つけられる職場を探す為には、求人情報と面接の場でその職場の雰囲気や実務をしっかりと読み取り把握することが大切です。

機能訓練指導員の採用基準は?

機能訓練指導員の採用基準は、その求人内容によって異なりますが、まずは何かしらの国家資格を持っていなければ機能訓練指導員として働くことはできません。機能訓練指導員として必要となる主な国家資格は、理学療法士や作業療法士をはじめ、看護師やあん摩マッサージ指圧師、さらに言語聴覚士や柔道整復師などがあります。これらの資格を持っていれば、機能訓練指導員として介護施設などで働くことが可能になります。

ただし、それぞれの国家資格ごとにできる仕事内容は違いますので、採用されるかどうかは、その施設で必要としている職種(資格)と一致していなくてはなりません。求人を出している施設では看護師の資格を持った機能訓練指導員を募集しているのに、理学療法士の資格しか持っていない方が応募しても採用されることはまずないでしょう。資格に関係なく介護の現場で働きたいということであれば、特に気にしなくても構いませんが、せっかく国家資格を持っていてそれを生かしたいという場合は、機能訓練指導員の求人情報の中でもその資格を持っている人材を募集している求人へ応募することが必要です。

機能訓練指導員の求人によっては、特に資格を限定していない場合もあります。そういった場合には、なんらかの資格を持っていると機能訓練指導員として採用されやすくなりますし、資格手当が出る場合もあります。実務の面では持っている資格に関連する仕事はもちろんですが、それ以外の業務も担当することになる場合が多く、自分の資格の仕事しかしないという姿勢では採用基準から外れてしまうこともありますので注意しましょう。介護施設やリハビリ施設では、利用者の方の介助やレクリエーション、食事など一日を通してさまざまな業務が機能訓練指導員にはあります。単に技術だけあればよいということではなく、むしろそれよりも多くの経験が機能訓練指導員の現場では必要とされるのです。

介護の現場では慢性的な人材不足の職場も多く、求人に応募して採用されるとすぐに即戦力として働かされることが多いので、機能訓練指導員としてのキャリアがあれば、その分採用される可能性も高くなります。いくら国家資格を持っていても、実際に働く現場では知識よりも経験が重視される傾向があるので、長く介護現場で働いている機能訓練指導員は大変重宝されます。機能訓練指導員としての経験があれば、たとえパートなどの非常勤であっても採用される可能性は高いと言えるでしょう。


Copyright (C) 2017-2018 機能訓練指導員転職エージェントランキング All Rights Reserved.